未分類

食で子どもの喘息予防!免疫力アップにヨーグルトは大丈夫?

免疫力アップと言えば、ヨーグルト!

 

風邪を引くたびに、発作を起こしやすい喘息の子ども。「できれば風邪を引かせたくない!」と毎朝ヨーグルトを食べているご家庭も多いかもしれません。

 

実は、喘息の子どもににとってヨーグルトは気をつけたい食べ物です。その理由をお伝えします。

ヨーグルトで免疫力アップ!喘息の子どもはちょっと待って!

ちょっとした風邪を引くたびに、ヒューヒューゼイゼイと発作を起こす喘息の子ども。心配ですよね。

 

我が家の4歳の次男も喘息持ちです。風邪を引くたびに、喘息の発作を起こすので、「できるだけ風邪を引かせたくない!」といつも思っていました。

 

「風邪」「引きにくくする」と検索すると出てきたのは「免疫力アップ」というキーワード。免疫力アップのためにとすぐに取り入れ始めたのが、ヨーグルトでした。それ以来、毎日朝食の一品として子供たちに食べさせていました。

 

けれども実は、喘息の子どもにとって、ヨーグルトは摂り方に気を付けたい食べ物のひとつだったのです。

日本人の腸にはヨーグルトは合わない理由

ヨーグルトが免疫力を上げると言われる理由は、発酵食品だからです。免疫力の70%を司るのが腸発酵食品は、腸まで届き、腸内環境を整えてくれると言われています。

 

けれども、気を付けたいのは、発酵食品なら、何でも良いというわけではないという点です。

 

私たちの消化器官は、昔から食べて来た馴染みのある食べ物を、消化・吸収するようにできています。馴染みのない食べ物は、腸へ入ったとしても、腸の中で増えることは難しいのです。それが、ヨーグルト。ヨーグルトに含まれる菌は、日本人の腸には、住みつきにくいのです。

 

つまり、ヨーグルトは、昔から乳製品を摂ってきた乾燥地域の人たちにとっては、腸内環境を整える食べ物なのですが、私たち日本人にとっては、そうとは言えないのです。

 

喘息の子どもの免疫力アップに繋がる発酵食品は?

 

私たち日本人になじみのある発酵食品は、昔から食べて来た味噌や醤油、納豆なのです。免疫力アップにために、毎日食べたいのは、これらを使ったもの。

 

オススメは毎朝のヨーグルトを、一杯の野菜の入ったお味噌汁に変えることです。旬の野菜がたっぷり入ったお味噌汁は、腸内環境をしっかり整えてくれ、免疫力も上がります。

 

お味噌汁を毎朝つくるのは大変!そう思いますか?

 

ぜひ、重ね煮で作ってみてください。皮ごと、アクごと調理、だし要らずの重ね煮味噌汁は15分で完成します!

 

ちりめんじゃこ入り春の重ね煮味噌汁のレシピを紹介しますね!

 

<材料と作り方> ※鍋の一番下のわかめから順に重ねて、一番上が味噌になります。

ーーーーーーー○ーーーーーーー

味噌      60g
ちりめんじゃこ 大さじ1
油揚げ      半分 ・・・ 細切り
人参      30g ・・・ いちょう切り
たまねぎ    80g ・・・ 薄切り
じゃがいも  120g(小1個) ・・・ いちょう切り
キャベツ    60g ・・・ 色紙切り
わかめ      7g ・・・ 塩抜きしてざく切り

ーーーーーーーーーーーーーーー

水  3カップ
みつば または 青ネギ  3本 ・・・ 2cm長さ

 

 

重ね煮で作るお味噌汁は、簡単なのに、毎日飲みたくなるおいしさですよ!ぜひ試してみてくださいね♪

-未分類

© 2023 重ね煮アカデミー なかぎりりか Powered by AFFINGER5